女性ホルモンはエクササイズで増やせる!基本のやり方をマスターしよう

美しさを維持する為、女性ホルモンをエクササイズによって増やす方法を紹介します。女性ホルモンは「女性らしいカラダ、肌、髪」を作り出すホルモンです。加齢やストレスで減ってしまうものですが、エクササイズで減ってしまった女性ホルモンを取り戻しましょう!

美しさを保つには女性ホルモンが重要!

女性ホルモンと聞くと自律神経の乱れや、妊娠時に関係するホルモンと感じる人も多いのではないでしょうか?しかしこの女性ホルモンの働きは、美容にも大きくかかわってくるものなのです。加齢やストレスに負けない美しさを保つためには、女性ホルモンの働きがとても重要です。今回はインストラクターの私が、この女性ホルモンをエクササイズによって増やし、美しくなる方法を紹介します。

女性ホルモンとは?

女性ホルモンという言葉はよく聞くものですが、一体どのようなものなのか詳しく知る人は少ないのではないでしょうか?少し詳しく見ていきましょう。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンにはエストロゲン、プロゲステロンの2つの種類があります。2つとも女性のカラダや心に必要不可欠で大きな影響を与えるものです。例えばバストを美しく大きくしたい女性は女性ホルモンを増やし、乳腺の発達を促すといいと言われています。

エストロゲン

エストロゲンは別名(卵胞ホルモン)と呼ばれています。エストロゲンは月経を正常にし妊娠するのに適した体をつくりだします。また乳腺の成長を促したり、血管や骨を丈夫にします。

 

さらにあまり知られていない美容効果には、美肌を作り出すコラーゲン(タンパク質)を作り出したり、肌の水分量や皮脂量を調整したりしています。

プロゲステロン

プロゲステロンは別名(黄体ホルモン)と呼ばれています。プロゲステロンは排卵の直後から卵巣で分泌されるもので、妊娠しやすくするために子宮内膜をふかふかにしたり、基礎体温をあげる働きをします。

 

いわゆる生理前の症状はこのプロゲステロンの働きが強まる為におこるもので、イライラしたり、むくんだり腰痛がおきたりする場合もあります。

加齢とともに減っていく

女性ホルモンの分泌は20代がピークで最も多く、加齢とともに減少していきます。妊娠しやすいのが35歳までと言われている訳もそこにあるのです。

 

基礎体温をつけていくとその分泌度合いがはっきりとわかります。正常に女性ホルモンが分泌されている場合、基礎体温は、排卵期を境にプロゲステロンのホルモンが増え体温が上がります。そのためキレイな2層の低温期と高温期に分かれます。

 

加齢とともにエストロゲンが減ると排卵がおこらず、プロゲステロンが減ると体温があがらず妊娠も出来ません。ホルモンバランスが崩れ更年期障害や肌トラブル、精神障害(うつ病)などをひき起こしてしまいます。

女性ホルモンを増やすエクササイズ

女性にとって心とカラダのバランスをとってくれる女性ホルモン、さらに美肌や美髪などの美容効果を維持してくれる女性ホルモン、どうしても減らしたくないものですよね。

 

私の生徒さんのなかにも、ホルモンの減少でカラダのバランスを崩している方が多くいます。中には若い女性なのにストレスが原因で、生理不順や肌荒れをおこしている人もいました。そんな大切な女性ホルモンをエクササイズによって増やす方法を紹介していきたいと思います。

骨盤の血流をよくする

女性ホルモンの分泌には血液の流れも大きくかかわっています。特に骨盤周りの血流をよくすることで卵巣の働きが高まり、女性ホルモンを多く作り出します。

  1. まず体育座りのように両膝を立てて座ります。両膝は骨盤幅に開いておきましょう
  2. 両手をお尻の方の床につけ体を支えます
  3. お尻が持ち上がらないように気をつけながら、息を吐いて両膝を右へ倒します
  4. 息を吸いながら真ん中に戻し、吐きながら左へ倒します
  5. これを1セットとして10セット~15セット繰り返しましょう

背筋を伸ばしバストアップ

現代に生きる私たちは、スマホなどの普及によって猫背になり、首が前に出ている状態です。血流が滞り、バストの筋肉が衰え垂れた状態になってしまします。背骨を伸ばすことで乳腺の働きが向上し、さらにバストを支える大胸筋や僧帽筋が張り、バストアップにつながります。

 

  1. 仰向けに寝て、かかとをしっかり押し出します(足の裏で壁を押すイメージです)
  2. 右膝を曲げ胸の前で抱えます
  3. 息を吐きながら左へ倒します
  4. 左手で右膝を押し、右手は体側へ戻します
  5. 呼吸を5回ほど入れひねりを強めましょう
  6. 吸う息で右足を戻し、反対サイドも同じように行います

人気のジョホレッチ

ジョホレッチというエクササイズを知っていますか?女性ホルモンの分泌をよくするエクササイズとして今注目されているものです。美容家の鈴木まりさんが発案した女性を美しくするエクササイズです。ゆっくりした8カウントに合わせて行います。

  1. 脚を広めに開き両手を鼠径部(そけいぶ)に置きます
  2. 4カウントかけて上体を前屈させながら、両手を鼠径部から内もも、膝の裏まで滑らせます
  3. 4カウントかけて上体を戻し、両手を膝の裏かtら内もも、鼠径部へ戻します
  4. この動作を5回~10回繰り返しましょう

 

そして上半身に働きかける動きも紹介します。

  1. 4カウントかけて肩甲骨をギューと中央によせ、お尻を突き出します
  2. 4カウントかけて肩甲骨を左右に離し背中を広くし、へそをのぞき込みます
  3. この動作を10回繰り返しましょう

その他の女性ホルモンを増やす方法は?

エクササイズによって女性ホルモンを増やす方法を見てきましたが、その他、日常の生活の中で女性ホルモンを増やす方法をいくつか紹介します。

女性ホルモンを高める要素(キーワード:恋愛、トキメキ、香り、増やし方)

よく言われることですが、恋愛をすると女性はキレイになります。それは綺麗にしようと心がけて身だしなみに気を付けているからだけではなく、内側から女性ホルモンの「エストロゲン」が作用しているからなのです。

 

恋愛をしトキメキを感じると、エストロゲンが多く分泌されます。肌が艶っぽくなったり、乳腺が発達してバストに張りが出てきたりするのです。

 

またアロマなどの香りでストレスを解消し、ホルモンバランスを整えるという女性ホルモンの増やし方も注目されています。オススメの精油は、精神を安定させる「ゼラニウム」や副交感神経(リラックス時に働く神経)を働かせる「ネロリ」などがオススメです。

食べ物

女性ホルモンにいい食べ物と言えば、真っ先に思い浮かぶのは「大豆イソフラボン」ではないでしょうか?エストロゲンと同じ働きをすると言われていて、豆腐などの大豆製品に多く含まれています。

 

また女性ホルモンの分泌を促してくれる食べ物として、キャベツやかぼちゃやほうれん草、アボカドやゴマなどもあげられます。

ツボ

ツボは東洋医学の英知の結晶です。刺激することでカラダの調整を行える便利なものです。カラダには多くのツボがあり、中には女性ホルモンの分泌を促すツボもあります。ツボはゆっくりと呼吸をしながら5秒程押していきましょう。

百会(ひゃくえ)のツボ

このツボは頭頂部にあるツボです。私もレッスン中に生徒さんのストレスを解消するために百会のツボを刺激を与えるポーズをとったりします。

見つけ方は両耳から真っすぐ頭頂へ向い、眉間から頭頂へ向かうラインと交差した辺りになります。ストレスを解消しホルモンの分泌を正常化させます。

壇中(だんちゅう)

壇中は左右の乳首のラインを結んだ中心にあるツボです。このツボは女性ホルモンの分泌に効果があり、美しいバストを維持するためのツボです。

三陰交(さんいんこう)

このツボは脚にあるツボです。両方の脚の内くるぶしから指四本上にあります。ストレス解消のツボとして知られ、女性ホルモンの分泌も促してくれます。

 

女性ホルモンをたくさん分泌できれば良いことが沢山!

女性ホルモンは年齢とともに減少してしまいます。しかし簡単なエクササイズを行うことでホルモンの分泌を促し減少を抑えることが可能なのです。ポイントはストレスを解消し、特に卵巣まわりの血行を良くする事です。いつまでも若々しく美しく、そして健康でいるためにも女性ホルモンをたくさん分泌させておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です