男性諸君必見!おっぱいとお尻の柔らかさの違い

おっぱいとお尻の柔らかさの違いって何!?具体的に分かりますか?お尻というのはハリや弾力が重要な要素になってきます。それに対しておっぱいというのは形を綺麗に保ちながらも柔らかさなんかが重要な要素なんです。その違いを見ていきましょう。

おっぱいとお尻の柔らかさの違い

お尻は弾力、ハリがある感じ

 

おっぱいというのは形と柔らさというものが重要な要素なんです。それに反しておしりというのは弾力やハリといったものが重要視されるものと言っていいでしょう。よく重力に逆らったキュッとヒップアップされたお尻がもてはやされることが多いものですが、それはお尻の魅力において無視できない要素の一つとみなされます。

 

胸は柔らかさを保ちながらもそのシルエット的なものはキュッと上向きに保たれているといった事柄が必要であるとされていますが、お尻はシルエットはもちろんですが、弾力性やハリといったそうそう外部の力に負けない力強さといったものが必要といえるでしょう。

おっぱいはお尻より柔らかく、ぷよぷよとした感じ

 

おっぱいとお尻というものは、女性の魅力を演出してくれる大切な2つの身体の一部と言えます。そんな代表的な2つの内おっぱいというのは、そのシルエットを健やかに保つための重力に負けない上向きの力と言ったものも重要ですが、何より柔らかさといった事柄が注目される体の部分であると言っていいでしょう。

 

男性の身体においてはカクカクと角ばったような直線的な身体のシルエットが特徴的ですが、そんな男性にないぷよぷよとした柔らかさといったものが求められると言っていいでしょう。

 

おっぱいはおしりに比べて柔らかく、その感触が柔らかくあることが求められるというふうに捉えればいいかもしれません。

 

画像ではわからないおっぱい特有の柔らかさ

おっぱいの柔らかさというのは、画像で見ても分かりません。たとえツンと上向きに張ったおっぱいであっても、それは必ずしも硬いということにはつながらないのです。ハリと弾力があるように見えても、その触った感じでは、とても柔らかいといったこともよくあることです。

 

これは女性ホルモンの影響が強い事柄です。ハリがあって重力に負けないおっぱいの弾力というのは女性ホルモン「エストロゲン」の働きによって形作られると言っていいでしょう。

 

脂肪分が多い女性の胸ですから筋肉の強さといったものだけで形が作られているわけではないのです。もちろん筋肉的な支えはおっぱいにとって有益な働きはしてくれますが、それよりも女性ホルモンやその他の身体の健やかさといったものが重要だといえるでしょう。

実はお尻より断然柔らかいのがおっぱい

 

先ほど書きました事柄から、お尻よりもおっぱいのほうが断然柔らかい感触を持っていると言うことが出来ます。

 

おっぱいというのは女性的な身体の特徴の中でも際立って目立つものですから、女性の身体を形作る働きをする女性ホルモンが大きな影響を及ぼす部分と言えます。女性の体は男子と違って身体のシルエットにも丸みがあり、また触った感触においても柔らかさというものが特有の取り柄と言えます。

 

ですからそんな女性の身体を作る女性ホルモンが大きな働きを及ぼすおっぱいという部分はおしりに比べて断然柔らかいということが出来ます。

 

どうしても触りたい!おっぱいの柔らかさを体験するために

走行中の車の窓から手を出す

 

俗に、冗談のような話ですが、おっぱいの感触を味わいたいという人におすすめなのが車の窓から手を出して、その手に風の抵抗を感じさせるとそれがおっぱいの柔らかさであるみたいな噂が世間的に広まっています。

 

これは真偽のほどは定かではないのですが確かに、空気圧でしか表現できないといったおっぱいの柔らかさが実感できるという印象は確かにあります。

 

おっぱいというのはそれぐらい柔らかく抵抗なくしなやかさを持ったものであるという

一つの例え話としてとらえればいいかもしれないですね?

二の腕とおっぱいの柔らかさは同じ!?

これはただの都市伝説…

 

よく「二の腕を触るとおっぱいの柔らかさと同じ」みたいな噂がありますが、これははっきり言ってなんの信ぴょう性もない都市伝説と言っていいでしょう。

 

「みかんに醤油をかけるといくらの味」とか「プリンに醤油をかけるとウニの味がする」といったことと同様に首をかしげる話と捉えておけばいいと思います。

 

どうしてもおっぱいを触りたい!という願望が生み出した中学生くらいの妄想が発端みたいな話ではないでしょうか?

 

肥満体形の女性の二の腕ならおっぱいに近いかも?

 

しかしながら二の腕を触るとおっぱいの感触になるという話は、肥満体型の女性には当てはまるかもしれません。

 

何故というならば女性のおっぱいというものは脂肪分で出来ていますが、それは女性ホルモンの働きによって必要最小限の脂肪分なら例えようがないほど柔らかなものなんです。しかし肥満の女性においては余分な脂肪で覆われていますからこれは太った男性の胸と変わらない感触を持っていると言えます。

 

ですから二の腕を触った時に感じる感触というのは余分な脂肪分の感触と思って間違いないでしょう。肥満女性の二の腕の感触はそのまま胸の感触と言っていいと思います。

男性と女性のおしりの柔らかさは区別がつかないって本当?

柔らかさは似ているが肌触りが大きく違う

 

男性と女性のお尻を触った時に区別がつかないといったことが言われることがあります。しかしながらここでも女性ホルモンの働きによって明確に違いが出てきます。

 

女性ホルモン、エストロゲンというのは女性的な身体のシルエットを形づくるといった効果がありますが、その他にも美肌や、美白といった肌の良好な環境を整えるといった働きがあるものですからお尻の肌のきめ細やかさみたいなものに段違いの差が生まれてきます。

 

すべすべした感触や潤いある保湿十分な肌の感触が格段に違ってきます。ですから毎日の意識的な女性らしさを保つようなボディーケアを心がけることによって健やかな体づくりが重要になってきます。それに伴う相乗効果によって理想的なお尻に近づけていくといったことも可能なんですよ!ぜひとも地道な努力によって理想的なお尻にちかづけていきたいものですね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です